根室教育研究所は根室管内の教育活動を推進しています。

ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote
研究所のブログです

ブログ一覧

【ミニ道研 2回目を開催しました。】

 

C25AB4E2-32CC-4050-A4C3-1E434BFC9F91

冬季休業期間を活用して多くの先生方が参加して、4つの内容の講座を受講しました。今回も遠隔研修の形で実施され、道研の講師の方より説明を受け、演習に取り組みました。

E2825EC3-CFEB-46D3-8A2F-11B79CBD9462

「研修」では個人の研修と校内研修の要点を確認した後に、モデル校の年齢構成を元に研修を効果的なものにするという視点で改善プランを作成しました。上のワークシートは一例ですが①~③の項目は自校の改善の視点としても活用してみてください。他の道徳、生徒指導、外国語活動については研究所便りにておしらせいたします。

ミニ道研 2回目を開催します

1月10日、ミニ道研の第2回を根室教育局にて開催します。今回は午前に【研修】【道徳】午後には【生徒指導】【外国語活動・外国語科】の内容で、冬場の研修を通して力量を高め3学期以降の学校に生かしてほしいと思います。要点は後日掲載予定です。

【道研連 全道大会 8月30日】

道研連の主催する研究発表大会が函館で開催されました。初日の今日は共同研究についての発表と講演が行われ、Skypeを活用した研修については根室の取り組みを発表し、他には岩見沢において遠隔研修に30名くらいが参加で実施した例が報告されました。

写真は講演会の内容の紹介です。カリキュラム・マネジメントがすべての職員で行うべきもので、その目的を全体で共有し進めていくことの重要性が伝えられました。

74BF5EEC-9672-46A5-A383-022373C47DE7 E043F09F-B550-4210-B05A-59C01DE611A6 037DA8CC-5BF4-4684-A28B-3BB335B521DC

【道東地区 教育研究所所員研修会】

DSC03229

DSC03233

<ダイジェスト発表を行う瀬川主幹教諭(中標津東小)>

今年度の道東地区教育研究所所員研修会は、十勝地区での開催で幕別町百年記念ホールで1日目が開催されました。初日は教育講演会が行われ、2日目に所員研修会として所長部会、所員部会に分かれて活動しました。所員部会では今年から運営方式が変わり、発表を受け持つすべての団体が5分間でダイジェスト版で研究内容を伝えました。つづく「ブース交流」ではさらに詳しく聞きたい内容のブースに移動して参加する、という2段階の構成となりました。

DSC03241

<ブース交流の様子>

DSC03242

ブースでは20数名の参加者に20分間ほどで研究の概要を伝え、特に以下のことをポイントとしました。

子どもが主役の授業づくりをするために

「主体的に」・・・教材(学習問題)との出会わせ方を工夫すること

「対話的に」・・・子どもたちを同じステージに乗せること(教具、テーマ設定などを通して)

算数の「拡大図と縮図」の単元では実際に参加者に学習問題としてどのように提示するかを考えていただき、その後に紀要を用いて確認する、という演習も行いました。

 

<その他の発表から>

DSC03248DSC03250

十勝教育研究所のブースに参加した堀井所員の話では、ブース交流全体が実際に十勝が取り組んできた「思考ツール」を用いた演習が行われ、その効果や扱い方を参加者に体験していただくという趣旨で研修が行われました。

この道東所員研を通して道東地区33の研究所が互いの成果を還元し合い、各研究所に持ち帰り交流をすることでさらに各管内、各市町村の授業が充実していくことが期待されています。

【明日から道東所員研が開催】

8月23日・23日の日程で道東地区教育研究所所員研修会が開催されます。

全道50の研究所・センターのうち、道東には33の組織があり、その中から実践発表並びに講演会を実施しています。今年の所管は十勝教育研究所となります。根室からは、研究紀要第109号を発表する予定です。